不用品回収でお金が貰えて、家の中もスッキリ

home

インターネットショッピングをしていると、宅配買取の広告が目に止まりました。家で使わなくなった不用品を回収してくれる上に、送った品を査定してくれてお金が貰えるサービスだと知ったので利用したいと思いました。家にはお祝いや行事で貰った頂き物が沢山あったのですが、使い道が思い付かなく保管されたままになっていました。売りに行くのも手間が掛かりますし、査定額が低いとガソリン代や労力の方が掛かってしまったということがあったので、最近は売りに行かなくなっていました。

しかし、宅配買取は無料で買取に必要な段ボールと伝票を届けてくれて、回収の際も電話一本で受け取りに来てくれるので、ガソリン代も労力も要らないことが分かりました。
一番良いところは、査定額に納得がいかなくても、無料で返品して貰えるところだと思います。使わなくなったものを別の方に譲りたかったので、査定額がいくらになっても良かったのですが、少しでもお金にしたい人にとっては有り難いサービスだと思います。

申し込みをしてからすぐに段ボールが届きました。説明書と申込み用紙、金属類をいれる袋しか入っていなかったので、最初は軽くて何が届いたのだろうと思いましたが、宅配買取の段ボールでした。必要事項を記入して、本人確認書類を付け、回収してもらいたい物を入れるだけだったので、とても簡単でした。段ボールを送った数日後にはもう査定額が出たので、即日取引は完了しました。買取り金は指定口座に無料で振り込んで貰えたので、助かりました。家から一歩も出ずに不用品回収をしてもらい、便利さに気に入ってしまいました。
今回お願いした宅配買取はブランド品限定だったので、今度はノーブランドのものや本も回収して貰えるところを選んで再び挑戦しました。収納スペースが広くなり、空いたスペースを見て嬉しくなりました。少額ながらもお金も貰えたので満足しています。これからも使わなくなった物が出てきた時には不用品回収して貰おうと思います。

京都市で不用品回収、遺品整理なら親切丁寧のハギワラ工房

派遣社員の住宅ローン、マイホームへの道は明るい

幾つかの雇用形態で改善される向きが見られないまま、何年も過ぎてきているわけで、現在の雇用状況でも、マイホームを望む人が増えているのも当然の流れですよね。息子の友人が派遣社員になって長いのですが、やはり家賃を払い続けるよりは持ち家にしたいと、最近、いろいろと当たっていたようです。少し前の民間金融機関では、正社員以外の住宅ローンの審査は厳しく、ほとんど融資は受けにくかったのは事実のようです。でも、最近ではまんざら無理ではなさそうで、息子の友人は融資を受けられた、と喜んでいたといいます。

しかし、派遣社員さんすべてが、すぐに審査に通るというわけではないようで、いくつか条件を整えて、臨んだほうが良いようですね。息子の友人の場合、同じ派遣会社の派遣社員として同じ企業に、連続して5年ほど勤務していたので、数年前にさかのぼってからの所得情況を金融機関に明示できたことが、大きいのでは…、というのが息子とその友人の感想だったようです。それに、同じ金融機関で頑張って定期預金など、実績を積んでいたこともあり、頭金の額で金融機関の信用を得たのでは…とも。現在、派遣社員人口は少なくないですよね。

中には、派遣社員に特化した住宅ローンもあるようで、金融機関は限られるようですが、確実にあるということですね。派遣勤務体型によっても違ってくると言われていますが、過去の個人信用情報に難がないことが確認されれば、派遣社員の住宅ローンは、可能ということですね。あらかじめ、じかに金融機関に条件などの確認作業は、必須のようです。

シャークスチームモップ、とれるかな?

マスクをしている人の多いこと…。風邪の人、風邪予防のための人、それから大気を飛んでいるものとして中国の黄砂対策、更に今年はPM2.5も加わっていますね。花粉はいつもより大量に飛散!マスク族が多くなるのは当たり前ですね。窓の隙間から、ドアの隙間から家に入ってくるだけではなく、自らの着衣や髪に貼り付いて入ってくるというので、あとは家の中から履きだすしか、手段はないのですね。しかも、湿らせた雑巾にふき取らせるのがベストなわけで、普段から拭き掃除に慣れない人や、疲れて帰宅する人には酷な作業。

そんなわけで、シャークスチームモップが話題にのぼっているようなのです。スチームモップを押して歩くだけで、高温のスチームで消毒しながら部屋の隅々まで拭き掃除ができるわけですから。おまけに、カビ菌は、取れるわけではないようですが、かびくさい臭いも、一瞬にして消えるようです。何度も拭きなおす必要はないので、二度手間はなし。拭いた後のさらさら感は、気持ちまでスッキリするようです。ちなみに、床だけではなく、カーペットのしみも畳にも効力を発揮するようなのです。コレを聞いて、主婦としてもこのシャークスチームモップを見過ごせなくて…。

我が家のカーペットのしみが気になっているからです。お気に入りの柄なので処分する気も起きず、見ない振りをしてきましたが、このシャープスチームモップとじっくり付き合えばいやなシミは取れるかも、と思ったわけです。ある期間内の返品が効くということも分かりましたので、試してみようと思い、注文することにしました。さて、どんな結果になりますか、楽しみです。

ロハス~天邪鬼のためのロハス入門

自分、はっきり言ってひねくれてると思います。良く言えば照れ屋。悪く言えば天邪鬼(あまのじゃく)。なのでなにかのために、できること、なんて偽善的なことには「ケッ!」って背を向けてしまうんですね。いけませんね。

それでも根は悪人じゃありません。ただ、人並み外れた照れ屋なだけなんです。ロハスというこれまたこざかしい言葉が知られて久しいのですがその内容に賛同こそすれそんなおしゃれな言葉にはやはり悪い癖が出まして「ケッ!」ってなってしまうんです。

本当は誰よりも自分、地球や環境のためになんかしたいと思ってるんです。本当ですよ!そこでロハスについて色々調べてみました。

あれ?と気が付いたことがあります。

  • 地産地消。
  • 電気はこまめに消す。
  • 乗り物はできるだけ使わない。
  • 剰包装のものは買わない。
  • 使えるものはとことん使う。
  • 暖房、冷房に頼らず、体を動かす、打ち水をする。

・・・って。

これ、よくばあちゃんや母親にうるさく言われてた”生活の知恵”って奴?

ほかに

  • 蛇口の水は流しっぱなしにしない。
  • 風邪のひきはじめはしょうが紅茶。襟元をあたためる。
  • ティッシュに頼らず、ぞうきんを使いまわす。

昔の人が(かあちゃん、ごめん!)当たり前にやってたことばかりじゃないですか。なんでやらなくなったかというとめんどくさいからなんですよね。たとえばコーヒーこぼしてもいちいちぞうきん洗ったり絞ったりするのってめんどくさい。

ティッシュをシュッて出して、ぱっと拭ってポイ。そのほうが簡単ではやいからなんですよね。基本、そこなんですよね。そこで天邪鬼の自分はせっかちな世論に逆らうように、のんびりをこころがけることにしたんです。

勿論何かと時間や手間かかりますが慣れれば悪くないんです。何に追われて、何を急いでいたのか、今までの自分。手間暇かかるんで早起きに、ひいては早寝になりました。薬に頼らず、健康に心掛ける。すんごいロハスな人みたいですけど!違いますから!

天邪鬼なだけですからね!